コンテキスト定義「項目一覧」タブ

概要

選択しているパネルに対応するコンテキストの項目に関する設定画面です。項目名や対応するエンティティの属性、データ型などを設定できます。

なお、項目に使う入力部品などの「項目一覧」で変更できない設定は、「項目」リボンタブで設定できます。

表示方法

コンテキスト定義画面において、「項目」タブをクリックします。

画面の説明

コンテキストの「項目」タブ画面には、次の項目があります。それぞれの欄について説明します。

コンテキスト項目一覧
図 コンテキスト定義「項目一覧」タブ
表 コンテキスト定義「項目」タブ
番号 項目 説明
1 項目名 コンテキストの各データを定義するために必要となる項目について、その識別名を示します。これは、コンテキストの中でユニークでなければなりません。
2 属性名 項目がエンティティの属性に対応している場合に、その属性名を示します。項目がエンティティの属性と対応づけられていない場合、つまり、項目の値をコンテキスト自身が持つ場合には、属性名は空白となります。
3 表示 パネル用コンテキストでは、チェックされた項目をパネルの表形式部分に表示します。チェックがない場合には、データは存在しますが、パネル上の表形式部分には表示されず隠されます。入出力コンテキストの場合には、チェックがある項目のみが入出力の対象となります(CSV形式の場合は位置が詰められます)。
4 編集 パネル用コンテキストでは、チェックされた項目の値を編集可能とします。チェックがない項目は、ユーザによる編集ができず値を変更できなくなります。入出力コンテキストの場合には、チェックがある項目のみを書出し対象とします(CSV形式の場合は位置が詰められます)。
5 データ型 データ型のコンボボックスでは、項目の値のデータ型を指定します。
データ型には、文字列,番号,数値,日付時刻,時間幅,真偽値,リストの中からいずれかを選択します。
6 連結項目の追加 エンティティ連結された項目を追加する「連結項目の追加」画面が表示されます。
7 エンティティから追加 エンティティの属性にあってコンテキストの項目にはないものを探し、それらを新しい項目として追加します。追加された項目は基となるエンティティ属性と対応しています。
8 [適用]ボタン 登録時にコンテキスト定義画面を閉じます。チェックがない場合には、画面は閉じずに、続けて他のコンテキスト定義を操作します。
9 [閉じる]ボタン 画面を閉じます。
10 [登録]ボタン コンテキストの項目定義を登録して画面を閉じます。

コンテキスト項目とエンティティ属性の関係

すべてのコンテキストは、いずれか1つのエンティティと連結しています。また、コンテキストの項目の値は、通常連結しているエンティティの属性の値として持っています。したがって、項目がエンティティの属性に連結している場合は、そのデータ型は、常にエンティティの属性値と一致します。項目の定義の中で、属性を指定した場合は、エンティティの属性に値を持ち、そうでない場合はコンテキストの項目が直接に値を持ちます。

 

2023年7月13日 更新

ページの先頭へ